日本の割り箸執着

日本を訪ねたこと、あるいは住んでいたことがあるなら、これは見たことがあると思う。

chopsticks-698495_640 (1)

割り箸。使い捨て木でできる食べる前に割る箸。コンビニのお弁当のため、レストランの食事のため、割り箸は日本で思うより見つけるだろう。

The Japan Timesと様々な文献 によると、毎年日本で250億の割り箸、一人前約200本、が使われる。日本は世界の一番割り箸を使う国で、約90%の割り箸は中国から輸入される。ウィキペディアの統計によると、中国は毎年割り箸を450億本を作って(Japan: Stippyによると約2千5百万の木に当たる)、というのは中国が作った割り箸の半分ぐらいは日本で使われる(約千2百5十万本の木)。

知らなかったかもしれないが、日本は多く(熱帯林坑道ネットワークJATANによると、日本は世界一)木を輸入する国で、特に南東アジアとアメリカから木を輸入する。違法な伐木方法でとられた木を買うことの問題も指摘された。違法伐木の木を買うことというのは、その木を伐木する企業は森をサステナブル的に管理したり、労働者と先住民の権利を守ったりしている保障がないということだ。2013マレーシアの伐木についてのGlobal Witnessレポートは日本の伐木を問題を次のように述べた。

「日本は他の主な木を消費する国、つまりアメリカ、ヨーロッパとオーストラリア、と比べると違法伐木商品を禁止することに劣っている。この遅れは伐木の代替の配達先を提供することでその他の国の努力を覆し、そして違法伐木を取り組む日本のG8(主要国首脳会議)の公約に応えない。」(翻訳)

実は、今は東京2020五輪大会のスタジアムのためにマレーシアの違法伐木された熱帯雨林の木を使う可能性がある問題がある。日本とマレーシアの伐木の関係は、このGlobal Witnessページが明らかにして、是非見て下さい。

とにかく、また割り箸の話に戻って、ちょっとだけ考えてみようか?

毎年、約千2百5十万本の木が中国で切られて、工場に送られて、割り箸になって、パケージングに入れられて、わざわざ日本まで送られて、一回使われてから、捨てられる。もう一度伝えたい。線2百5万本の木。一回使われる。それから捨てられる。ばかばかしいと思わないの?

日本のウィキペディアによると、日本国内は割り箸のために木が伐木されない。むしろ、別の伐木の副産物だ。それは割り箸のために伐木することよりいいが、ほとんどの割り箸は日本でなくて中国で作られている。日本が買っている木を伐木する企業の方法などについての情報は少ないが、日本の履歴、そして割り箸はとても安く買われることを考えたら、事実的にその木がサステナブル的に伐木されるとは思えない。そうではなくても、一回だけ使うために割り箸を日本まで送ることはを弁護できるの?製造と輸送過程も資源を使って、温暖ガスを排出する。で、やっぱり、全く要らないものだ。

「マイ箸」の運動を知っているかもしれない。その運動は、割箸の代わりに自分の箸をレストランなどに持って行くことだ。自分の箸を持つことで、割り箸を要らない。

これは私の「マイ箸」だ!ちちゃい箱で、とても便利だ。

DSCF2625 DSCF2626 DSCF2628

自分の「マイ箸」を持っているの?なくても、ただ家からの箸をプラスチック袋に入れて持って行くことができる。面倒臭そうかもしれないが、コストがないとても少ない努力だけだ。もっと奨励が必要であれば、トトロなどのすてきなマい箸を買える(実はかわいいかおしゃれの箸を使うことによって他の人も見て意識が高まるのでとてもいい考えだと思う)。プラスチックは環境にいい訳ではないが、トレードオフだ。使い捨て違法伐木の木でできている箸より何年間も使えるプラスチック箸の方がいい。

割り箸よりいいな!
割り箸よりいいな!

 

私、何故割り箸について書いたのだろうか?ほとんどの日本が輸入している木は中国からでなくて、そして割り箸は買っている木のごく一部だけだ。もっと大きな問題の小さい一部だけで、東京五輪のスタジアムなどの問題の方が割り箸より大事かな。しかし、伐木産業あまり知らない普通の人として、五輪の問題に対して何ができるかかなり限界されている。できることもある、陳情をサインしたり(ちなみに、是非サイン下さい!)、伐木産業について学んだり、森の管理などの仕事さえ検討することができる。

しかしこのブログの注目は、どのように自分の日常生活をグリーンにできるかということだ。サステナビリティを考えずにどこから来たか関心無しで使い捨て割り箸を使い続けることは、基本的に、社会を環境に優しくさせるために辞めないといけないことの象徴だ。日本に住んでいたら、直ぐ割り箸を使うことを断って、環境に優しくできる。

何ができるか小さいように思えるかもしれないが、頑張ってできるだけまでするのが大事!他の人に伝えたり、すてきな割り箸をプレセントとしてあげたりすることによって、周りの人にも影響を及ぼせる。私は絶対にかんぺきではない。マイ箸があるのに、忘れてしまう悪い傾向がある。最近忘れてしまってレストランで割り箸を使ったことのためにこのポーストを書くきっかけだった。そこで、今から(日本にいる間に)出かけるときに箸を持って行くことを忘れないように、マイ箸を財布と隣におくよ!

マイ箸を使うこと、勧めているよ!

English

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中